事業展開

世界初のCDを送り出して以来、一貫して光ディスク市場をリード

1982年、CDというまったく新しい音楽ソフトをいち早く市場に送り出すことができたのは、ソニーDADCジャパンが工場の枠を超えた技術開発センターの役割を持っていたからです。ソニーの革新技術をベースに生まれたCDの規格を完成された商品として世に送り出すため、独自に生産装置の開発から着手しました。その技術力はUltra HD Blu-rayの製品化成功へと受け継がれています。

さらなる可能性へ、未来をみつめていなければできないことがあります

光ディスクはそのすぐれた特性を活かし、音楽だけにとどまらず、映像、家庭用ゲーム機まで驚異的な発展を遂げています。そしてその時々に世界に先陣をきって新しいフォーマットに対応した光ディスクを生産してきたのがソニーDADCジャパンなのです。この発展を支えてきたものは、高い技術と斬新な創造力です。そして独自の仕様も多く生み出しています。技術力のみならず、常に新しいことに挑戦し、それを実現する創造力がソニーDADCジャパンの原動力になっています。

最高のエンタテインメントを届けること

ソニーDADCジャパンはアナログレコードの生産工場として操業を開始して以来、様々にメディアを変えながら美しい音や映像、そして感動をパッケージという形に変えて世の中に送り出しています。メディアは変化しても『私たちのつくっているのは物でなく音である』というアナログ時代からのこだわりは、光ディスクに受け継がれています。エンタテインメントを最高の形でお客様に届けること、それが私たちの使命です。

Go to Top