ディスクができるまで(CD/DVD)

光ディスクの製造工程

マスタリング工程

マスタリング工程イメージ

ディスク製造の際に使われる型(スタンパー)を作るため、音楽や映画、ゲームなどのデータを電気信号に変換し、スタンパーの元となる盤面(マスター)にピットと呼ばれる凹凸形状を形成します。これら一連の工程は、ソニー製システムを使って行っています。
マスターから複数のスタンパーを作ることができます。

マスタリング工程詳細
次へ

モールディング工程

モールディング工程イメージ

金型にスタンパーをセットし、透明な樹脂を射出成形し、透明なディスク基盤をつくります。

モールディング工程詳細
次へ

反射膜保護工程

反射膜保護工程イメージ

CD <保護膜>

透明ディスク基盤のピット面上にレーザー光線を反射させるためのアルミ金属膜を付け、紫外線硬化樹脂を塗布し、保護膜をつくります。

DVD <貼り合わせ>

透明単盤に反射膜を付け、紫外線硬化樹脂接着剤を塗布し、2枚を貼り合わせて1枚のディスクを作ります。

反射膜保護工程詳細
次へ

印刷工程

印刷工程イメージ

多彩で細やかな文字でも鮮明に仕上がる高性能な印刷システムにより、タイトル、デザイン等をディスク上に印刷します。

印刷工程詳細
次へ

仕上工程

仕上工程イメージ

全自動化されたパッケージングマシーンにより、ディスク、バックカバー、ブックレット、背ラベル、解説書、表紙をプラスチックケースに組込み、1枚ずつフィルム包装して完成品にします。

Go to Top